夏バテになってしまう原因ってなんなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


毎年夏になると、「体がだるい」とか「食欲がない」などいわゆる“夏バテ”になってしまう人いませんか? 「栄養をしっかり取ろう」とか「しっかり寝よう」とか「あまり冷房に当たらないようにしよう」などと夏が来るたびに“意識改革”をしても、8月に入るといつの間にやら“どんより”状態に……それどころか「食欲ないのに体重が増えた!」なんて最悪な状況も……。

そんな夏バテに右往左往してしまっている人は、もしかすると“夏バテ”をよくわかってないだけかもしれませんよ。まずは夏バテがどういった状態なのかを理解して、さらにその原因を理解すれば、これからは夏バテに悩まされることがなくなるはずです!

こうなってしまったら夏バテ

実は、夏バテの症状を“これ”といって明確に説明することは、難しいんです。代表的な症状とすれば「全身のだるさ」や「疲労感」。これに、「食欲不振」や「消化器官の不調」なども加わります。もっと広げるなら“夏の体の不調”といってしまってもいいかもしれません。問題なのは、この夏バテをそのままにしていると熱中症の発症確率が高まるなど、他の病気へのリスクが増えてしまうことです。夏バテ対策はやるにこしたことはないので、「なぜ夏バテになってしまうのか?」、その原因をしっかりと把握して、すこしでも夏バテにならない体を作りましょう。

夏バテの原因はこれだ!

1.エアコン

夏バテの原因としてまず思い浮かぶのが“エアコン”の存在ではありませんか? 「エアコンの効いた部屋にずっといるのはよくない」とはよく言われますが、それは自律神経を狂わせてしまうからです。自律神経は、温度に対して体温を一定に保つ働きを持っています。しかし、体が冷えすぎたり急激な温度変化が何度も続くと正常に機能しなくなってしまうんですね。この自律神経の不調が食欲不振や倦怠感を引き起こしてしまいます。

KEY POINT

体が冷えるということ

体が冷えてしまうと血流が悪くなり、体のすみずみにまで栄養がいきわたらなくなってしまいます。特に女性の場合は、生理不順や生理痛の悪化、膀胱炎になりやすくなるなどのリスクもあるので、職場などでどうしても「エアコンと一日付き合わないといけない場合」には、時間を見つけて軽くストレッチをしたり、部屋では少し厚着をするなどで対処してください。


2.汗のかきすぎ

暑くて湿度が高い夏。汗をかくことは自然なことですが、かきすぎてしまうと汗の出口が詰まって“汗づまり”を引き起こしてしまいます。汗づまりになってしまうと体温調整ができなくなって、エアコンの場合と同様に夏バテになってしまいます。

KEY POINT

上手に汗をかく

夏の汗は、「かくことで体温を調節」するという重要なミッションを負っています。ですが、かきすぎると上記のように汗づまりのリスクが高まるだけでなく、水分と塩分をどんどんと放出してしまっている状態にもなってしまいます。ですので、汗は上手にかく必要があります。炎天下では、時折コンビニなどに入って体を冷やしたりすることが効果的ですが、すでに汗をたくさんかいてしまっている場合にはエアコンで汗を乾かすのですはなく、タオルなどでまず体を拭いてください。冷たい風は自律神経にとってはストレスになるからです。


3.寝不足

夏の夜……熱帯夜はとにかく寝付くのが悪くなってしまいがちです。不快さから十分な睡眠がとれず寝不足状態が続くと、睡眠による疲労回復ができずに、どんどんと疲労がたまってしまいます。疲労が蓄積していくと夏バテへとつながって行くんです。

KEY POINT

エアコンとの付き合い方

ここまで読んでいただければ分かってもらえると思うのですが、夏バテの大きな原因となっているのがエアコンです。ですが、エアコンを使わなければいいというものではないのが難しいところ。いかにエアコンと上手に付き合うかがポイントです。つかず離れずのベタな恋愛ストーリーのようにかかわっていきましょう。特に寝る際にエアコンの使い方は、企業での研究もすすんでいますので、そちらを参考にしてみるものいいです。


夏場バテで太る?

夏バテなのに、なぜか体重が増えてしまっている…そんな経験はありませんか? 食欲がないのに体重が増えてしまう「夏バテ太り」は珍しいことではないんです。原因としてまず考えられるのが「水の飲みすぎ」。食べられないけど飲めるからということでスポーツ飲料水などをどんどん飲んでいるのは問題です。スポーツドリンクは糖分が多く、さらに冷たい状態であれば胃や腸が冷たくなって代謝が落ちてしまいます。また「スルッと入るから」といった理由でパスタやうどんなどの麺類ばかり食べていませんか? 倦怠感で運動をしない状態で麺類を食べ過ぎるとブドウ糖が皮下脂肪として残ってしまうのです。夏バテ時には、いつもより食事に気を使ったほうがいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る