【夏場に最適】疲労回復におすすめのドリンクを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

疲労回復ドリンク

睡眠時間が取れずにカラダのだるさが残っている時って、炭酸飲料やエナジードリンクを飲んで、気持ちをスカっとリセットしたくなりませんか。

「体に良くはないだろうけど、元気になる気がするから」そんな気持ちからエナジードリンクを手にする方が多いのではないかと思います。

この記事では、エナジードリンクに頼らずに疲労回復をしたいという方に簡単に作れるカラダに優しいドリンクレシピをご紹介していきます。

エナジードリンクは疲労回復に効果はあるのか

エナジードリンク(栄養ドリンク)に含まれているカフェインやアルギニン、タウリンなどは一見、身体に活力を与えてくれそうなイメージがありますよね。しかし、これらの成分は科学的に疲労回復効果があるという立証はされていません。

それでも「疲労が回復した!」と感じられるのは、ドリンクに含まれるカフェインやアルコール、HFCS(果糖ブドウ糖液糖)による中枢神経興奮作用によるものなのです。

そのため、実際に疲労を回復させることはできないばかりか、 上記の成分には中毒性が認められているので副腎疲労の原因にもなりかねません。

精神的な疲れを誘発してしまうというリスクも生じてしまうので、将来の健康のことを考えると、なるべく飲用しないほうが良いかもしれません。なので、以下の飲み物も摂取を控えておいた方がいいです。

  • カフェイン飲料
  • コーヒー・紅茶・緑茶
  • アルコール類

カフェインには中枢神経を刺激する作用があるので、眠気解消、鎮痛効果などに加えて疲労を解消する効果があります。

しかし、これは大脳新皮質と呼ばれる理性を司る部分を刺激することで脳に錯覚を起こしている状態ともいえるため一時的な効果しか見込めません。

また同様に、アルコールにも中枢神経を刺激する作用があるため、疲労回復したような感覚を味わう事ができますが、これもアルコールによる一時的な効果なので、飲みすぎにはくれぐれも注意が必要です。

疲労回復に効果のある飲み物

上記では、エナジードリンクの身体に悪い側面ばかりにフォーカスしてきましたが、ここからは疲労回復に役立つドリンクをご紹介していきますね。

クエン酸ドリンク

肉体的な疲労におすすめなのがクエン酸です。クエン酸は筋肉を動かすエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)の産出に関わり、細胞を活性化させる働きがあるので、疲労回復効果がある成分として有名です。
クエン酸は柑橘類に多く含まれていますが、沖縄特産の果物であるシークワーサーには特に含有量が多いです。

シークワーサーのドリンクで人気が高いのが『青切りシークヮーサー100』。シークワーサーを丸ごと生搾りにしているので、コップに少し入れて炭酸で割って飲むだけでも、十分な量のクエン酸が摂取できます。

 

 

はちみつレモンドリンク

はちみつレモンドリンク

はちみつレモンが疲労回復に良いことはご存知の方も多いかもしれませんね。 これはレモンに含まれているクエン酸を、はちみつが身体に効率良く吸収させるので、より早く疲労回復効果を与えるからなのです。

レモンとはちみつは、様々な産地から輸入されているものが多いですが、できれば国産で農薬などが使用されていない安全なものがおすすめですよ。

パインとトマトジュース

疲労回復に効果のあるビタミンB1を豊富に含んだパイナップルとトマトで作るドリンクです。

パイナップルにはビタミンB1のほかにもクエン酸やリンゴ酸、ビタミンCなどビタミンB1の働きを高め美容に良いとされる成分が豊富に含まれています。

また、トマトにも抗酸化作用のあるリコピンが含まれているので、女性に嬉しい効果がぎっしりと詰まったドリンクができますよ。

甘酒 亜麻酒

甘酒には疲労回復に効果のあるビタミンB群やシステイン、グルタミンなどが含まれており、古くは江戸時代から、滋養強壮用に飲まれていたという歴史を持っています。

別名「飲む点滴」とも言われていて、今は冬にあたたかい甘酒を飲むイメージが定着してきましたが、冬だけに限らず、夏バテ防止、産後の疲労回復などにも役立つドリンクです。

まとめ

疲労回復に効果のあるドリンクをご紹介してきましたが、もちろん、「これさえ飲んでいれば大丈夫!」というようなものは存在しません。

自分の身体にある「疲労感」に気づいて、サプリやエナジードリンクなどでごまかそうとせずに、自分の身体と向き合う姿勢が慢性疲労を解消するために必要です。

また「疲労感」は脳の疲れから生じるとされています。肉体的な疲労の場合には、休息をとれば次第に回復し始めますが、脳疲労は基本的に睡眠でしか休息をとることができません。そのため、「疲労感」を感じたら、十分な睡眠を心がけるようにしましょう。

にんにくは疲労対策に最適
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る