気になるにんにく臭を消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


にんにくが“健康に良い”ことは広く知られていますが、
気になるのはやはり、あの独特のにおいですよね。

にんにくを使った料理といえば、
ラーメン、生姜焼き、ピザ、チャーハン…など
つい食べたくなる美味しいものばかりですが、

人と会う約束があるから、と臭いを気にして敬遠している方や、
「少しだけなら大丈夫!」と思って、後々後悔した経験がある方など、
どちらにしてもニンニクの臭いに敏感な方は多いのではないかと思います。

この記事では、なかなか抜けない強烈なにんにく臭を打ち消す、
効果的な方法をご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

にんにく臭の原因とは


にんにくで口臭が発生するメカニズム

にんにくは食べてしばらくすると強烈なにおい成分に変化し、
体内から強烈な臭いを発してしまいます。
これはにんにくに含まれる「アリシン」という成分が体内で分解され、
アリルメチルフィルド(AMS)という悪臭の原因物質に変化するためです。

臭いの元は口臭だけではない!!

しかし、にんにくは口臭だけでなく、
体臭となって皮膚や汗腺からも成分が排出されます。

これはにんにくのアリシンが血液とすぐさま結びつき、
全身に行き渡ってしまうからなのです。

  • にんにくの食べ過ぎ
  • 肝臓の機能が弱っている

特に上記の場合は、臭い成分がうまく分解されないため、
最終的には皮膚や肺から排出されることになります。

体内にアリシンを吸収させないこと

『にんにくは食後、約16時間は臭いを出し続けると言われています!』

「アリシン」は体内に入ってすぐに吸収されてしまうので、
食前、食後、そして食事中に「アリシン」と「アリルメチルフィルド(AMS)」の臭いを
中和させるための対策がとても大切になります。

にんにく臭を消す効果的な対策

-食事前-

牛乳


牛乳に含まれるたんぱく質には、
アリシンと結びつき、にんにくの臭いを抑制する働きがあります。

特に乳脂肪分が多いと消臭効果が高くなるため、
牛乳以外にヨーグルトやチーズでも効果があるとされています。

緑茶


緑茶に含まれるカテキンがアリシンと結合することで、
臭いを抑える効果が期待できます。

-食事中-

ごぼう


一般的にはあまり知られていませんが、ごぼうに含まれる
食物線維や酵素、ポリフェノールには消臭作用があります。

またポリフェノールには抗酸化作用があり、
腸内環境改善や免疫力の向上をもたらす嬉しい効果も期待できます。

ほうれん草


ほうれん草に含まれるクロロフィルという成分には、
消臭・殺菌効果があり、口臭予防に効果を発揮します。

また腸内での解毒作用も持っているので、
体内から排出される口臭対策にも効果をもたらします。

-食事後-

りんご


りんごに含まれる「アップルフェノン」というポリフェノールは、
にんにくの臭いを抑制すると言われています。これは特に皮部分に多く含まれているので、皮ごと一緒に食べたり、ミキサーにかけて100%ジュースで摂取するのもおすすめです。

ウーロン茶


ウーロン茶にもにんにく臭を抑える効果も持っています。

上記では緑茶の効果をご紹介しましたが、
ニンニクの臭いの元であるアリシンは体内で分解され、
アリルメチルフィルドという物質に変化します。

ウーロン茶はこのアリルメチルフィルドの臭い成分を除去するパワーが
緑茶よりも強いため、食後はウーロン茶を飲む事をおすすめしています。

まとめ

にんにくの強烈な臭いを消すためには、
食前と食後の対策が必要不可欠です。

におい成分である「アリシン」はすぐに血液中に吸収されてしまうので、
上記でご紹介した対策は、ニンニクを食べる前後1時間以内
行わなければ効果が薄くなってしまいます。

今回の記事では、にんにくの臭いにフォーカスをしてきましたが、
にんにくは、古来より健康維持に欠かせない食品です。
くれぐれも食べ過ぎには注意して日々の食事に取り入れてみてくださいね。



 

 

にんにくサプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る